Select :
マーケット選択| バックオフィス・ログイン
Ambassador Raymond Flynn レイモンド・フリン大使
アンバサダーのレイモンド・フリンはプロビデンス・カレッジ出身で、学生時代は全米バスケットボールの選手でした。1971年から1978年まで、マサチューセッツ州選出の下院議員を務め、その後、1978年から1983年まではボストン市議会に在籍しました。また、1984年から1993年までの間には、フリン大使はボストン史上最も人気のあるボストン市長を務めていました。その他、飢餓やホームレスに関する合衆国市長委員会会議の議長も務めた経験もあります。

1993年、ビル・クリントン大統領がフリン大使をバチカン駐在アメリカ合衆国大使に任命されて以降、1997年の任期終了まで、現地のラジオ、テレビ、報道機関への出演を通じ、彼は責任ある市民権の奨励と波及の為に全力を尽くしました。社会的責任に関連する広報におけるステムテック社の顧問として、フリン大使は務めています。

Spencer M. Reese, Esq. スペンサー・リース氏
リース氏はコロラド・カレッジで経営学の学士号を取得し、ワシントン大学ロースクールに進学する以前は保険業界で勤務していました。ワシントン大学ロースクールから法務博士の学位を取得後は、アイダホ州ボイジーにて環境法および商事訴訟案件の法務に携わっていました。

リース氏は、ユタ州、アイダホ州、コロラド州、ミズーリ州の弁護士で、訪問販売協会弁護士会と政府関係委員会のメンバーであり、訪問販売業界の組織内顧問を務め、訪問販売業界に属する多くの企業に対して助言を行ってきました。リース氏は、訪問販売法及びDSA規制に関してステムテックの法律顧問となっています。

Peter Tennyson, Esq. ピーター・テニソン氏
テニソン氏はポールヘイスティングス弁護士事務所のパートナーです。パーデュー大学で経済学士号(優等)を取得後、米陸軍に所属し、その後バージニア大学ロースクールに進学後、法務博士号を取得しました。

会社法に関して秀でたキャリアを積んだテニソン氏は、キャノン・ミルズ社及びその親会社であるパシフィック・ホールディング社のバイス・プレジデント及び法律顧問を務めました。テニソン氏は証券及び買収を含めた会社法に関してステムテックの法律顧問となっています。

A. Wes Siegner, Esq. A.ウェス・シグナー氏
シグナー氏はハイマン・フェルプス&マクナマラ法律事務所の弁護士で、ブラウン大学で学士号を、ミネソタ大学で生物学修士号を取得し、その後、コーネル大学で法務博士号を取得しました。

栄養補助食品協会の法律顧問及び広報担当を務め、連邦立法部門と州議会立法部門の登録ロビーイストでもあります。シグナー氏はFDA(アメリカ食品医薬品局)及びFTC(アメリカ公正取引員会)関連でステムテックの法律顧問となっています。



© 2017 ステムテック・インターナショナル社 - 著作権所有。無断複写・複製・転載禁止
SSL site seal - click to verify